恵蘭's Diary blog「ヘラン's ダイアリー」

姜 恵蘭(カン ヘラン)

姜 恵蘭(カン ヘラン)

  • 韓国料理サロン 恵蘭's kitchen 主宰
  • キムチのソムリエ
  • 韓国料理研究家
  • フードコーディネーター
  • 薬膳アドバイザー
  • 中医薬膳指導員

祖父母から代々続く『株式会社第一物産』三代目。 10 代〜20 代をアメリカ・ヨーロッパで過ごし世界の「食」に触れながら「作る楽しみ・食べる楽しみ」を肌で感じ、世界の料理に魅了される。
その中でも「発酵食文化」に大きく刺激を受け、帰国後、会社を継ぐとともに自社でのキムチ教室開催をはじめ各地でキムチ・韓国料理を開催。
2013 年『韓国料理サロン 恵蘭’s kitchen』をオープン。
特に力を入れているのが発酵食であるキムチや保存食の教室。
各地から参加される生徒さんも多くリピーターも多い。
食育のひとつとして、キッズ向けの料理教室も積極的に開催している。

第一物産
facebook twitter

参鶏湯を最後まで楽しむ。

2015.08.24

こんばんは。ヘランです。

今日の夕ごはんは、先日作った参鶏湯の残りで温麺♡


土曜日に作った参鶏湯2つ。

当日は、参鶏湯としてそのままいただき。

今日は残った参鶏湯に水を加え
さらに1時間とろ火で煮込み

たっぷりにニラを加えて♪

そして、教室のお土産でもお渡しした生冷麺をさっと茹で(40秒)

スープを注いで、塩コショウで味をととのえました。
 

参鶏湯を作るときは、多めに仕込みます。

鶏肉はじっくり煮込んだ分、箸でほろほろと取れるくらい柔らかくなります。
それを小分けにして冷凍庫へ。
スープも骨などを取り除き、ザルなどでこしてから小分けして。

保存しておくと、教室でもお伝えしましたが
スープも楽しめますし、おかゆや温麺が食べたいときにいつでも♡

今日の参鶏湯温麺も美味しくいただきました♡

ごちそうさまでした♪

ちなみに、当社(第一物産)の生冷麺は、冷麺だけでなく
温麺としても美味しく召し上がれます♪

第一物産オンラインショップ
http://shop.d1b.jp/shopdetail/000000000588/ct151/page1/recommend/



 

TOPへ